店舗兼用住宅が欲しい?そんなニーズにも三階建て住宅なら応えられる!

店舗兼用住宅が欲しい?そんなニーズにも三階建て住宅なら応えられる!

マイホームを手に入れる際、住む方々のライフスタイルに見合った建物を建設することが重要となります。
例えば自営業をなさっている場合だと、住まいの一部を事務所や店舗にしたいと思われることでしょう。
この場合は三階建て住宅を建設することで、仕事場と住居をうまく区切ることが可能です。
そこでここでは店舗兼用住宅の施工法などについて解説をしていきましょう。
三階建て住宅の場合は通常、ツーバイフォー工法で建てるのが基本です。
一般的な木造建造物だと大黒柱を中心にして梁を設けるものとなります。
ところがツーバイフォーの場合は大黒柱がないので、間取りをすっきりとさせることが可能です。
店舗兼用住宅だと1階部分を店舗にされることが多く、室内空間を広く保ちたいという方も多くなります。
三階建て住宅であれば必然的に間取りに余裕があるため、店舗用にリフォーム工事をする必要もありません。
住まいと上手く調和を取ることもできるのが魅力です。

二世帯住宅にするなら三階建て住宅がおすすめ

二世帯住宅には一般的に親の世代と子供の世代の二家族が同居します。
二つの家族が限られた空間で過ごすには、お互いが譲歩する必要があります。
特に問題となるのが台所ですが、主に主導権を握っている人同士が対立しあうこともあるほどです。
料理の仕方、片付けの仕方は個人差があるからです。
衛生基準も人によって大きく異なります。
台所の流しで歯磨きをしても何とも思わない人もいれば、絶対にやめてほしいと考えている人もいます。
うまくやるためには一定の距離を置く必要があり、そのための二世帯住宅です。
三階建て住宅にするなら、狭い土地であっても十分なスペースが確保できます。
階段の上り下りに不安を感じるかもしれません。
動線をうまく工夫するなら、不必要に上り下りする必要もなくなります。
三階建て住宅にも色々な施工例がありますが、一階を駐車場にするケースも増えています。
そうすれば駐車場を借りなくて良いからです。
駐車場代はかなりの出費になります。

著者:目黒亮

筆者プロフィール

愛知県名古屋市生まれ。
結婚をきっかけに三階建て住宅を購入。
三階建て住宅の魅力を記事にまとめました。