三階建て住宅の1階と3階との温度差を解消するなら断熱材と空調システムが決め手!

三階建て住宅の1階と3階との温度差を解消するなら断熱材と空調システムが決め手!

三階建て住宅には幾つもの魅力的なメリットがありますが、その一方でデメリットがあるのも事実です。
しかし設計段階で工夫することによって、そのようなデメリットも解消またが軽減することが可能になります。
例えば1階と2階の温度差についてもその1つ。
三階建て住宅では1階から3階まで構造が縦長になるケースが多く、上下階で温度差が生じやすくなる傾向が強いと言えます。
すなわち3階部分は直射日光が当たりやすいことに加え、下階から上ってきた暖かい空気も滞留しやすく、温度も上昇することになります。
他方で1階部分は日当たりが確保しにくい上、冷たい空気が沈み込んで、温度が低くなりがちです。
その結果、1階と3階では室温に大きな差が生じることになります。
このようなデメリットを避けるならば、設計段階で高断熱および高気密の家づくりを目指すこと。
さらに家全体の空気の流れを促して温度を均一化するためにも、全室空調のシステムにすることも求められるでしょう。

三階建て住宅の業者選びのポイントとは何か

三階建て住宅の建設を請け負う業者探しは、難しいものです。
大手ハウスメーカーにするべきか、地域密着型工務店にするか悩むことも多いでしょう。
三階建て住宅のハウスメーカー選びに大切なのは「実績」です。
業者によっては住宅の建設経験が浅いことがあります。
出来るだけすでに三階建て住宅の建設を請け負ったことがある、メーカーを選ぶべきです。
さらに「構造の強さ」に力を入れているメーカーであることも、ポイントとなります。
複雑化しやすい間取りを抱える住宅を作るには、丈夫な柱と壁が必要なのです。
三階建て住宅は、外壁などのメンテナンス費用もかかります。
こうした点を踏まえて、「構造・外壁の強さ」にこだわったメーカーに任せることも大切です。
アフターサービスとして、定期的な家のメンテナンスが出来ればより安心して住むことが出来ます。
自由度も大切ですが、それよりもまずお家として最低限の機能を満たしていることが、何よりも求められるポイントなのです。

著者:目黒亮

筆者プロフィール

愛知県名古屋市生まれ。
結婚をきっかけに三階建て住宅を購入。
三階建て住宅の魅力を記事にまとめました。