三階建て住宅のことを詳しく知るほど住みたくなるかも!?その魅力やメリットなどを紹介!

当サイトは三階建て住宅に関する様々な情報をご紹介しています。
詳しく知るほど住みたくなるかもしれない三階建ての家の魅力やメリットなどを解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。
店舗兼用住宅が欲しいというニーズに応えられるのが、三階建ての住宅です。
三階建ての住宅の1階と3階との温度差を解消するなら、断熱材と空調システムが決め手ですのでどのようにして暮らしやすさを実現できるか知りたい場合には目を通してみることをおすすめします。

三階建て住宅のことを詳しく知るほど住みたくなるかも!?その魅力やメリットなどを紹介!

家を購入するには二階建てが良いか三階建てが良いかと迷う人は多いのではないでしょうか。
三階建て住宅の大きな魅力には、敷地を最大限に活用して家を建てられるということが挙げられます。
狭い敷地の場合でも、住まいに使える面積を増やすことが可能です。
また日当たりが悪い土地でも、工夫をして改善出来る可能性があるのも三階建て住宅の良いところです。
ほかにも、階層によって使い道を分けやすいのも三階建て住宅の魅力といえます。

先ずは三階建て住宅の相場を知って予算の不安を解消しよう!

三階建て住宅で家づくりを始める人も多いかと思われますが、相場を知ることが予算の不安解消に繋がるなどからも事前に三階建て住宅の坪単価がどのくらいになるのか調べておくことがポイントです。
ただ、坪単価は依頼先により異なるため、最初に注文住宅の坪単価がどのように計算されるのかを知っておく必要があります。
注文住宅における坪単価は、家を建築するときの目安になるカタログに掲載されていることが多いもので、1坪当たりにかかる住宅の建築費を計算した金額です。
しかし、計算方法に規定が設けてあるわけでなく建築費用から計算されているものもありますし、設備が含まれたものもあるなど様々です。
そのため、同じ家を建築しても坪単価の表示額はメーカーにより変わることを把握しておきましょう。
なお、最近人気を集めている鉄骨造りの三階建て住宅の場合、大手のハウスメーカーなどでは約70万円から100万円、木造住宅は鉄鋼造よりも安くなり約60万から80万円が相場です。

三階建て住宅ならではの注意点!家を建てる前に建築制限はしっかりチェックを!

自分が所有している土地、購入した土地なので自由に家を建築できるなどのイメージを持つ人は多いのではないでしょうか。
しかし、家を建築するときには様々な法律の規制を受けることになります。
その規制には建築基準法や都市計画法などの法律が存在していて、建築する場所により家の規模および仕様など適用される内容は変わって来ます。
三階建て住宅に限ったことではなく、全ての建築物に関係する事項や三階建て住宅に限定された建築制限もあるなど計画においては注意点がいくつかあることをしっかり把握しておきましょう。
三階建て住宅に関係して来る建築制限の中でも、住宅の高さや斜線制限などは重要なもので、これらを知らずに計画しようとしていると購入した土地では三階建て住宅を建てることができない、北側斜線や道路斜線などによりイメージしていた家とは形が変わってしまったなど、後悔するケースもゼロではありません。
そのため、土地探しから始めるときなどは三階建ての家を建築できる土地を探すなどが重要です。

眺望に優れているのが三階建て住宅の醍醐味!土地選びのコツをチェック!

三階建て住宅は、狭い土地でも高さを生かして快適に過ごせる空間を作っていくことができます。
また、高いところマラ楽しめる景色は、普段の生活で開放感を感じることができます。
眺望に優れている点にも注目しながら土地選びをしっかりと考えていくことも重要です。
高いところから見た景色がとてもきれいな土地かを不動産会社にも相談しながら教えてもらうことも必要になります。
三階建て住宅にするときに、外から見えないように角度をうまく考えていくことで、お風呂に入るときも外から見える景色を楽しめます。
高いところから見える景色を楽しみつつ、プライバシーを守ることができるように設計していくことができる家づくりも大切なポイントです。
実績豊富なプロに依頼をすることによって、問題点をスムーズに解決していくことができるようになります。
三階建て住宅の景色や建物の良さをうまく生かしていくことができるようにすることも重要なことなので、プロに相談して決めていくことをおすすめします。

書斎は?収納は?屋上はどうする?三階建て住宅ならではの空間の強みを活かせ!

新築住宅を建設する場合、平屋や二階建て・または三階建て住宅のどれを採用するのかを最初に決めないといけません。
昨今では都心部などでは土地の価格が上昇傾向にあるため、約20平方メートル程度の狭い空間で住まいを建設する方が増加傾向となっています。
この場合に活用できるのが三階建て住宅であり、快適な間取りを生み出すことが可能です。
ここでは簡単に、三階建て住宅ならではの強みを見ていくことにしましょう。
たとえばテレワークをなさっている方であれば、書斎が必要となります。
通常の二階建てで狭小エリアだと書斎を持つのが難しいですが、三階建てなら可能です。
さらに洗濯物や布団を干すための屋上を設置できるのも強みといえます。
三階建ての場合屋根を設置するよりも、上階に防水加工を施して空間を持つことが可能です。
ロフトにすることもできるため、その箇所を収納に活用して普段使用しない家具・家電を片付けるスペースにすることもできます。

著者:目黒亮

筆者プロフィール

愛知県名古屋市生まれ。
結婚をきっかけに三階建て住宅を購入。
三階建て住宅の魅力を記事にまとめました。
名古屋の三階建て住宅はこちら